fbpx

チャイルドマインダー

どんな仕事?

チャイルドマインダーはイギリス発祥の、0歳から学齢期までの子どもの保育を担う「家庭的保育者」のスペシャリストです。一人ひとりの個性を尊重した少人数保育を行うため、子どもの健康・福祉・教育などについての幅広い知識や技術が要求される職業で、イギリスでは国家職業資格に認定されています。
保育所などの集団保育とは異なり、少人数保育が主体のチャイルドマインダーは、各家庭の環境や教育方針に対応する柔軟性が求められます。ベビーシッターとも似ていますが、教育や健康管理を行う側面も持ち合わせていることから、より一層子どもの成長に寄り添う働き方になります。保護者との関係も密になるため、育児の相談に乗ることも想定されます。また、早朝・夜間の保育、送迎などに対処するフットワークの軽さも欠かせません。保育の現場である保育ルームの万全な安全対策、設備管理やリスクマネジメントの専門知識も必須です。

保育士との資格の違い

チャイルドマインダーは民間資格であり、特定の大学や専門学校を卒業したり国家試験を受けたりするは必要ありません。基本的にはチャイルドマインダー養成講座を受講して資格を取得した人であれば誰もがチャイルドマインダーとして働くことができます。
これに対して、保育士の場合は児童福祉法で定められた国家資格であるという違いがあります。厚生労働大臣の指定した保育士養成のための学校を卒業する、保育士試験に合格する、などの厳しい条件を満たした人だけが保育士を名乗ることができます。
一般的には保育士のほうが取得までにかかる時間や費用は長くなります。

活かせる資格

■チャイルドマインダーの資格

求められる人材

■子どもが好きで、一日子どもと一緒に過ごしても苦にならない人
■子どもの目線に立って率先して動ける人
■常に子どもの行動の先を読んで働きかけることができる人
■子どもを一人の人間として捉え、質の高い保育を提供できる人

関連記事

  1. 外交官

  2. 柔道整復師

  3. 特許事務

  4. 軽作業(梱包・仕分け・検品)

  5. 専門的文書管理

  6. スーパーで働く

絞り込み検索

  • 職種

  • 勤務条件