fbpx

アーユルヴェーダセラピスト

どんな仕事?

アーユルヴェーダはインド5000年の伝統医学で“長寿の知恵”と呼ばれる予防医学に位置づけられています。
自分の体質を知り、体質にあった食事療法、運動法、ハーブの摂り方、ストレス対処法、人間関係などから“本当の自分を取り戻すこと”を目的とし、自分らしさを生かしたストレスレスな生きやすい環境を作り、健康に導きます。代表的な施術のひとつに、額部分にもオイルをたらすシローダーラ(頭部の浄化、中枢神経の強化)があります。とても奥の深く、歴史深い学問なので、きちんと習得しているセラピストが少ないのが現状ですが、だからこそ、憧れる職業でもあります。

アーユルヴェーダセラピストになるには

民間企業が開校しているアーユルヴェーダセラピスト養成学校へ入学し必要な課程を修了後、アーユルヴェーダを取り入れているサロンなどへ就職するのが一般的のようです。

求められるスキル

■アーユルヴェーダの施術スキル
■オイル、薬草、ハーブなどに関する知識
■カウンセリング能力
■インドの歴史や伝統、東洋医学などの知識

関連記事

  1. 石工職人

  2. インタープリター

  3. インテリアデザイナー

  4. 社会福祉施設介護職員

  5. スクールカウンセラー

  6. ケースワーカー

絞り込み検索

  • 職種

  • 勤務条件