fbpx

会計参与

どんな仕事?

会計参与とは、会社法の改正により導入された制度で、取締役と共同で決算書を作成する内部機関です。大企業の決算書には公認会計士や監査法人のチェックが入りますが、中小企業には計算書類をチェックする機関がなかったため、決算書の正確性を図ることが使命となります。会計参与は税理士(税理士法人)、公認会計士(監査法人)の資格を持っていることが必須条件で、会計のプロが決算書の作成に関わることにより、企業の信頼性を高めます。専門的な知識を活かし、正確かつ適正な計算書類の作成のほか、取締役の会計に関する相談役として、経営数値に基づいた経営のアドバイスを行います。また、会社とは別に5年間の決算書の保存、株主総会での報告、株主や債権者への情報開示なども職域となり、会社を成長させるための経営分析力が重要視されるポストと言えるでしょう。

業務リスト

会計参与は、取締役や監査役と同様に株式会社の役員ですが、他の役員とは独立した立場を維持しつつ、取締役と共同して計算関係書類を作成します。また、会社とは別にその計算関係書類を5年間備え置いて、会社の株主や債権者の請求に応じて、閲覧や謄本等の交付に対応することが義務づけられています。

■計算関係書類の作成
■会計参与報告の作成
■株主総会などにおける説明
■計算関係書類の備置き
■株主・債権者への開示(株主・債権者の求めがあった場合)

活かせる資格

■税理士
■公認会計士

関連記事

  1. 金融事務

  2. 介護事務

  3. 生産・品質管理のお仕事

  4. 生保・損保事務

  5. 総務事務

  6. 英文経理

絞り込み検索

  • 職種

  • 勤務条件