fbpx

通関士

どんな仕事?

通関士は、物を輸出、輸入するときに必要な税関での手続きを代行するお仕事です。日本から物を海外に輸出したり、輸入したりするときには、貨物の品名、数、価格などを税関長に申告し、許可を取らなければなりません。そのためには、通関書類を作成するなどの複雑な手続きが必要となります。通関士は通関業者の社員として、それらの通関手続きを商社やメーカーなどの輸出入業者に代わって行います。税関から許可が下りなかったりトラブルが生じた場合の交渉をするのも通関士のお仕事です。税関に対して不服申立てをしたり、正しい手続きをしているという主張を輸出入業者の立場で行うことが認められています。
※通関とは、貿易で貨物をやりとりする際に必要となる手続きのことです。

業務リスト

1.貨物の品名、種類、量などを申告する
2.必要な検査を受ける
3.関税などを納入する
4.輸出入の許可を受ける
一言でいえば、通関は「輸入・輸出をするために必要な許可を受けること」ということができます。この手続きを踏まずに貿易をしてしまうと、密輸となってしまいます。

必要な資格

■通関士試験(国家資格)

求められる人材

■貿易に関する知識を持っている人
■国際取引に興味がある人
■事務作業が得意な人
■コミュニケーション能力の高い人
■分析するのが好きな人

関連記事

  1. 家政婦

  2. 液化石油ガス設備士

  3. モニター・調査のお仕事

  4. 英文事務

  5. 国際秘書

  6. 広告宣伝

絞り込み検索

  • 職種

  • 勤務条件