fbpx

アクチュアリー

どんな仕事?

保険会社に所属して保険料を設定し、新しい商品プランをつくります。たとえば生命保険の場合、社会の死亡率や事故の発生率を分析して、客の負担になりすぎず、保険会社の運営に適当な料金を導き出します。また信託銀行などに勤務し、企業の実績や収支などを計算して、企業年金を考えるのも主要な役割です。単に集めたデータを計算し続ければよいというわけではなく、確率論や統計学を駆使し、これからの社会状況、経済、行政などの流れを鋭く分析することが求められます。今後さらに複雑化するだろう年金問題や保険問題に個人や会社が対応していくため、なくてはならない存在として需要は大きいと言えるでしょう。

女性のアクチュアリー

アクチュアリーは「数理のプロフェッショナル」として、生命保険会社や損害保険会社などの企業を中心に、さまざまな場で急速にニーズが高まっています。そんな中、総務省の過去の調べによれば、アクチュアリーの有資格者総数のうち、女性の割合は5.1%程度。その割合は年々増えていることが予想されますが、医師や薬剤師など他の専門職と比べても、アクチュアリーとして働く女性はまだまだ少ないといえます。ただし、アクチュアリーは難易度の高い職業である分、専門知識を備えた人は引く手あまたとなりますし、キャリアアップも望めます。
なお、2010年11月には、アクチュアリー資格試験を実施する日本アクチュアリー会によって「女性アクチュアリー輝きの会」が設置されています。女性アクチュアリーがより活躍していくための研究は日々進んでおり、今後、アクチュアリーを目指す人の数が増えるにつれ、女性の有資格者もさらに増えることが期待できるでしょう。

必要な資格

■アクチュアリー資格試験
※公益社団法人日本アクチュアリー会が実施する資格試験です。日本において「アクチュアリー」と名乗る人は、一般的にこの資格試験に合格し、「正会員」として登録している人のことを指します。試験は年に1回、12月に実施されます。

求められる人材

■数字やデータに強い人
■根気よく勉強を続けられる人
■自分を高め続けられる人

関連記事

  1. 出版業界で働く

  2. 建築業界で働く

  3. 公認会計士

  4. グランドスタッフ

  5. システムコンサルタント

  6. 生保・損保事務

絞り込み検索

  • 職種

  • 勤務条件

  1. 加圧トレーニングインストラクター

    2018.09.18

  2. ジャーナリスト

    2018.09.20

  3. 環境コンサルタント

    2018.09.18

  4. 調香師

    2018.09.27

  5. ファッションコーディネーター

    2018.09.26