fbpx

客室乗務員

どんな仕事?

客室乗務員とは、旅客機に搭乗し、乗客の搭乗から到着までさまざまな業務を行うお仕事です。CA(キャビンアテンダント)というのは和製英語であり、海外ではフライトアテンダントまたはキャビンクルーと呼ばれています。

業務内容

客室乗務員のお仕事は、「機内サービス」と「保安管理」の2つに分けられます。

●機内サービス
乗客が機内で安心かつ快適に過ごしていただけるよう、乗客一人ひとりの様子に気を配りながら食事やドリンクの提供などを行います。また、離着陸の注意事項や非常時の説明、機内食や新聞、雑誌、毛布の配布と回収、免税品の販売なども行います。簡単なカクテルを作ったり、子どもの世話をしたり、乗客からの問い合わせに対応したりと、リクエストはさまざまですが、できるだけ応えるように努めます。

●保安管理
保安管理とは、乗客の安全を守る業務です。日常的に機体に異常がないかなどの安全確認をすることと、緊急時には乗客の安全を守るため、迅速かつ適切な対応をとることが求められます。機内で何かトラブルが起こった際の対応は、客室乗務員の大切な役割となります。急病人への救急処置、天候の悪化時の機内の安全確保、ハイジャックや緊急着陸時の乗客誘導など、空の上という特殊な場所で、乗客の安全を守るために、非常時に冷静に対応をしなければなりません。

また、フライト中には気流の変化により、急な揺れが予想されることもあります。しかし、飛行機を操縦するパイロットはコックピットを離れることができません。そんなとき、客室乗務員はパイロットから飛行状況についての連絡を受けると、乗客にシートベルトを締めてもらうように誘導します。フライトに際して、パイロットと客室乗務員の密なコミュニケーションは欠かせません。パイロットと連携し、天候や運行状況など各種の機内放送を担当することも客室乗務員の役目です。

活かせる資格

客室乗務員になるには、各航空会社の採用試験を受験して、社員(契約社員)として採用される必要があります。客室乗務員ならではの国家資格が必要なわけではなく、いくつかの応募資格を満たしていれば、誰でも受験することが可能です。

■TOEIC600点以上
■赤十字救急法救急員資格
■手話検定
■秘書検定

求められる人材

■体力があることに加えて、徹底した自己管理ができる人
■コミュニケーション能力の高い人
■協調性のある人

関連記事

  1. バリスタ

  2. 食品衛生監視員

  3. 移動販売店オーナー

  4. 英文経理

  5. インテリア・雑貨・文房具販売

  6. ウエディングプランナー

絞り込み検索

  • 職種

  • 勤務条件