fbpx

Webプロデューサー

どんな仕事?

Webプロデューサーとは、Webサイトの作成を0からプロデュースし、サイトの全体的なイメージだけでなく、ページ数、製作にかかる納期や予算などを決める責任者です。顧客の要望を的確に把握し、また、競合他社の状況や、直近のトレンドなどを分析して企画を立案し、外注企業やスタッフの選定までを含めて、プロジェクト全体を進めていく役割を担います。そのため、常に最新の動向について、情報収集を欠かさないことが大切です。Webサイト制作の責任者となるため、実際に作業をすすめるスタッフとの調整を行うWebディレクターとの緊密な連携も必要になります。

活かせる業務経験

Webプロデューサーになるために、特別な資格は必要ありません。実際にパソコンを使ってサイトを作成したり、画像を加工したりする必要もないため、高度なPCスキルが要求されるということもありません。
ただし、コーディングやシステム関係の技術についての知識はあった方が、よりクオリティの高い仕事を行うことができます。

求められる人材

■コミュニケーション能力の高い人
■人と人とのやりとりが苦にならない人
■メンバーの間に立って、意見やスケジュールを調整することが得意な人
■業界の最新トレンドを常にキャッチアップしていく情報収集能力がある人
■顧客に対しての高いプレゼン能力がある人

関連記事

  1. 衣装・ワードローブ・コスチュームデザイナー

  2. アートナビゲーター

  3. 速記者

  4. 雑誌記者

  5. イラストレーター

  6. 作家

絞り込み検索

  • 職種

  • 勤務条件